14時頃、満潮の潮止まりになるはずだった。潮が入ってきていくぶん波もマシになったような気がする。潮は中潮、微妙だ・・・。
 意をけしてカヤックに乗り込み、荒れた海に突入する。すぐ横を自分のカヤックを丸ごと呑み込んでしまうようなサーフが巻いている。
 ひたすら全力でパドリングをし、サーフが巻かないあたりまで出る。七瀬を見ると白波で半分沈みかけ、飛沫で白く霞がかっている。
 あれなら十分死ねる。
 頃合を見計らって岬を回る。
 真横を見るとサーフの背中越しに飲み込んだリーフの岩やサンゴが見える。そして次の瞬間真っ白になってしまう。
 オ、恐ろしい!!
 死に物狂いで漕いだ。左やや前方に意識を集中し、ブーマーが来てもいつでもブレイスができるように心がける。でもブレイスでしのげるような波なのか??
 勝負は思ったよりアッサリ終わった。20分ほど必死に漕いでいたらいつのまにか岬を周っており、波は穏やかになってきていた。
 「やったー・・・」
 後ろを振り向くと栗生の岬は依然として荒れていた。ここ岬を越えたのかと少し自分を褒めたい気分だ。安堵感に包まれ今日のビバーク予定地の大川河口にあるビーチを目指した。
・・・・・・・・・・・・詳細を読む>>
・・・・・・・・・・・・地図を見る>>

写真で見る屋久島・後編

7月15日。春田浜を出発する。畠中さんと記念写真 前方にモッチョム岳が見えてきた。 鯛の川のトローキの滝。屋久島でカヤックをやるなら是非行きたい場所 記念写真。露出をきつく絞りすぎた。顔がまったく見えない
一休み。マイナスイオン効果でなかなか気持ちがいい!? トローキの滝の下にはゴマフエダイとメジナがいた 遊びに来た畠中さん。でもすぐに帰ってしまった。 モッチョム岳を西側から臨む。ちょと移動した気になる
屋久島南海岸はどこもダイナミックな磯が続き、奥に見える山々が雄大だ。 屋久島にはトンネルは少ない。数少ない洞窟にて。 海岸を台形状の磯が囲んでいる。ユースホステルの下あたり。 この日の夕飯。イシガキダイとアジアコショウダイ。見た感じ同じだがイシガキの方がやはり旨い
平内海中温泉で今日の予定を考えてみる・・・。 何はともあれ出発。ここはウミガメが多かったなー。 栗生川。砂がきれいなので水もきれいだ。ロウニンアジの宝庫らしい。 栗生のマングローブ林。予想に反してショボ過ぎたがいっちょ前に花も咲いていた。
若いな〜貞治! 栗生の岬の先端。写真ではわかりにくいが、手前よりも奥のほうがヤバイことになっている 何とか栗生通過!ここから先は西部林道。原始の森が続く。海もすばらしそうだ! 大川河口にある砂浜に上陸。ちょうど上潮時で波がきつかったが無事上陸できた。
今日もイシガキダイ。脂が乗っていて旨そうだ。 魚を調理する私。使っている丸太がこの後問題になってくる。詳しくは本文参照・・・。 今日の飯はイシガキダイの刺身、塩焼き、御飯、味噌汁である。
写真右:ここは夕日が最高にきれいだった・・・!
朝起きるとテントのすぐ脇に亀が上陸した跡が。明け方海に帰ったようだ。 この波をどうやって越えろというのだ・・・? と、言うわけでワープ!永田港から出発です (撮影:畠中) いなか浜沖。あいにくウミガメは2〜3匹しか見ていない。
せんろく鼻が見えてきたが・・・なにやら岬の先端から海の様子が違う・・・。 我が母校の調査船が何故か停泊していた。 一湊では焚き火が出来ないと見てレトルトのスパゲティーですます 矢筈岬を越える。何気にここはたいへんだった・・・!
宮之浦到着。さすがに大きい港だ。台風のせいかクイーンコーラルや有村産業のフェリーが停泊していた 宮之浦港の内部にある浜に上陸。ここは遊泳禁止なので人がいない。 小瀬田の小さなスロープに上陸する。外はけっこう荒れていたが、かまわず出発する事に 無事最後の難所、早崎を通過する。潮の流れもそれほど苦にならず、まずまず順調といえただろう。
安房の町が見えてきた〜。ここの港は中に入ってからが長かったな〜オイ。 港は上陸できないので安房川に向かう。懐かしの景色がありがたい。 いけるとこまで行ってカヤックから飛び込み記念写真。川の中にはヒラセイゴがいた! はしょった部分を3人で漕ぐ。大川の河口にて記念写真。天気良いな〜
なかなか見れない口之島まで見ることが出来た!写真ではわかりずらい 同行願うのは畠中氏と腐れ縁のF。しぶしぶ来た割にはノリノリだった。 西部林道沿岸の海は確かにダイナミックで面白かった 暑さにたまらず泳ぐ畠中氏。水に色が素晴らしいねぇ〜 (撮影:F)
思わす僕も飛び込む。何だか無駄にセクシーな感じに・・・ (撮影:畠中) マスクとフィンをもってきたFは潜る。bajauさん、何で3点セット持ってこないの! 口永良部島を眺めながら漕いで行く。この島へは直線距離は近いが海流が速い為行かない方がいいとのこと。 (撮影:畠中) なんなく永田岬(屋久島灯台)を漕ぎぬける。確かに潮は速かった・・・!
無事に到着して怪しい踊りを踊る俺・・・なわけない。でも何でこんなポーズしてんだ? (撮影:畠中) 何はともあれ乾杯!屋久島コンプリート! この一杯の為にカヤック漕いでるなー俺・・・。 一湊の西浜海水浴場。屋久島でとりあえず泳ぐならここがいい。水着のお姉さんも多くて素晴らしい!!
かき氷を食べる。頭が痛い・・・。 海洋大の後輩たちと。こんな目立つかっこうしているからどこに行ってもすぐわかる 屋久島環境文化村センター。屋久島の自然を映像でも見ることが出来る。ナレーターは阿部寛。 再び宮之浦港にきてしまった。多くの旅人が島を去る。
さらば屋久島!楽しかったです!! あっという間に鹿児島錦江湾に到着。桜島が呼んでいる・・・!




詳細を読む
次の旅を見る
bajautrip2005に戻る
TOPに戻る